わたしは建売りの住宅に決めました

家を買おうと思ったきっかけは家族が増えたことでした。通勤が都内だったこともあり、千葉、埼玉、神奈川を念頭に入れて探しました。

やっぱり気になったのは、値段でした。自営業だったこともあり、審査に通りずらい状況にあったのと、セールスマンとの会話でこのあたりの金額だったらいけるでしょう!というところから始まりました。

その時点で、かなり絞られてしまうことが悲しかったのですが、この先の生活も考えたら、マイホームという夢が現実になりのであれば、お金のことは一番に考えたかったです。

朝が早いこともあるので、自転車か、徒歩で駅まで通えるというのも重要でした。

駅から離れたら当然値段は下がっていたから、駅から20分のところの土地や建売住宅をネットで検索した結果、埼玉県に決めました。

そして、小学校、中学校、が近くにあることも重要なことでした。注文住宅は見積もりよりも多めに予算が出るケースが多いので建売にすることにしました。

建売りの住宅で有名な会社があったので、その会社にお願いしました。

営業の方も2人ついてもらい、建売りの物件を買うことにしたのですが、値下げ交渉がいがいとすんなりいったのには驚きました。

焦らずに行動したのが、今考えてみたらよかったのだと思います。

ついつい、営業トークで焦ってしまうこともあるのですが、埼玉のその土地は住宅街だったのと、税率が上がる前で住宅メーカーもこぞって売りたい合戦をしているのが分かったので、かえって落ち着けたのだと思います。

家を見てみると、やはり家の設計と、水回り、LDKの配置にほとんど変わりはありませんからそこまで神経質に選ぶ必要ないです。

肝心の自営業で個人事業主であることで審査に通るかどうかが心配でしたが、銀行も商売なのだなと思ったくらい簡単に通りました。年収はサラリーマン以下で申告です。

おそらく、すべてのタイミングが良く、希望の条件はすんなりと通ったので、良かったです。

とにかく迷ったら、いったん落ち着いて帰ることだと思います。

夢のマイホームですから、ワクワクしてキラキラ見えるでしょうが、焦って条件に見合わないとこを買ってしまう人もいるかもしれません。

身の丈にあったものの中で、1つ、2つ譲れない点をクリアしたとき決心すれば間違わないと思います。

自分の思いをすべて、まずは、営業のかたに伝えてください。

相手も売りたいですが、その前に人間です。信用できない人間だと思ったら、その時点で変えたほうが良いです。

Comments are closed.