住宅費以外に発生する工事費の負担は大きい

一戸建てそのものの費用はメーカーとか工務店から提示されるかもしれませんが、その金額というのはすべての総費用ではなく、それ以外にも付属する工事費用というものが加算されていくことになるので注意が必要です。その工事だけでも最終的には数百万円になるかもしれません。その工事の中には電気ガスそして水道をひくための工事が必要になり、これらはメーカーからの提示の金額には含まれていないものです。そしてこれらの費用は住宅ローンでの支払いとは別のものということになるので、自分で用意しなければならない資金であるともいえるでしょう。またもし更地で土地を購入そして一戸建てということであれば、地盤が強いのか弱いのかという点もあり、もし弱いのであれば地盤改良工事が必要になったりもします。柔らかい地盤では家が傾いたりしかねませんので、そのための費用も必要になる可能性があります。いずれにしてもこうした余分の工事費が上乗せされていくということになるので、慎重な計画が必要になります。

Comments are closed.