百聞は一見にしかず。住宅は自分で体験しましょう

私が注文住宅購入で重要視した項目は、温かさです。専業主婦の場合、大抵の時間を家で過ごしますので、少しでもよい環境で生活すべきでしょう。ましてや小さな子供がいるならなおさらです。

家が寒ければ、冷え性になり活動的になれません。また、室内で重ね着をした場合、動きにくくなりますよね。また、お年寄りも同居してるは場合は、家の中の寒暖差で事故が起こる可能性もあります。そういった意味で、魔法瓶のような温かい家を重要視しました。

魔法瓶のような温かさについては、気密性で評価できると思います。

各ハウスメーカーも力を入れているところで、数値を各社 定量的に発表していますので、参考になると思います。

しかしながら、実際に住んでいらっしゃるご家庭に足を運んで、その定量値を肌身で感じることは大切かと思います。私の場合は、ハウスメーカーに無理をいって、実際に住んでいるご家庭のおうち訪問をして確かめました。

やはり、展示場の家やパンフレットの数値は、特別な数字である場合があります。

ハウスメーカーの営業さんは良いことばかり前向きに話してきますので、先ずは定性的な説明より定量的な説明を求めましょう。そして、定量的データを肌身をもって感じてみる行動は必要だと思います。

説明を鵜呑みにせずに、自分で体験、確認することは大切です。